So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-08-31 [イラスト]

ジョジョを改めて作業用で流しっぱなしにしておりますが、全くもって古くなっておらず今も尚耀き続けているように感じました。もちろん時代背景は古くなってしまったり、表現が古くなってしまうのはしょうがないことだと思います。

しかしそれでも輝いて見えるのはジョジョの世界で描かれているひとのあり方、精神が不変的に共感でき、憧れ、美しいからだと思います。

実は私は2部はあまり知らなかったのですが、仲間のツェペリの描かれ方に感動しました。

最初は気障で癖のあるちょっとやな奴という感じで描かれておりましたが、話が進むにつれ彼が誰よりも情に厚く思いやりのある人間であることが分かっていくのですが、やはりそういったところに魅力を感じ、感動を覚えているのだと感じました。

主人公のジョセフとも最初は相性が悪く、いがみ合いばかりしておりましたが、互いに時を過ごすにつれ信念を貫く姿勢や態度、正義感などを認め合うようになっていきます。

共にこの世界に災厄をもたらすであろう敵と戦っていくのですが、ツェペリは敵に負け命を失ってしまいます。

その命を失う間際彼は自分の命がここまでだと自覚しそれでも自分のためじゃなく最後の力を振り絞りジョセフのために敵に向かっていきます。

誰かのために命を懸けてきたのが自分の一族で自分の父親もそうであって、そのことを誇りに思い、その思いを引き継いで自分もそうあろうとその信念を最後まで貫き通しました。

その姿がとても感動的でこういった姿勢はどんなに時代が変わろうとも普遍的に美しいと感じるものであってだからジョジョは全く古くならないのだと思いました。

黄金の精神、ジョジョは王道を貫く漫画だと改めて思いました。

人間は誰もが腕っぷしが強いわけではありませんし、天才ではありません。

でも心の持ち方はどんな人間でも自由で制限がありません。

誰よりも強く美しく誇りある精神であろうと思い、心がけていくことは禁止も規制もされておりません。

だから心は人間の在り方は最高を目指してもよいのだと思います。

ジョジョのような素晴らしい人間観、精神を見ていると逆に現実の利己的ビジネス主義個人主義、短期的思考の醜さが耐えられない暗い気持ち悪く感じます。

現代の価値観っていったいなんなんでしょうかね。


とまあ現実に幻滅していたって何も始まらないし私自身別に立派な人間でもないし思いたくはないけどゴミ屑総理大臣や政治家、経済人以下のゲロカスゴミ人間なのかもしれないので偉そうなことばかりいっていてお前は何様だと恥ずかしく、さらに幻滅したりしますが、それでも何でも時が止まるわけでもなくどんどん過ぎ去っていくわけで、だったらせめて10年後の未来の自分が振り返った時、後悔しないむしろそれしかなったと思い今の自分のことを誇りに思ってもらえるように勇気をもって決断し、責任を持って行動して全力でできること、できなくともすべきことをやりぬきたいと思います。

今週は仕事が1週間ずっとフォトショを使った機械的な作業で本当にしんどかったです。

休日絵を描けることがこんなに幸せなことかと感じております。

大きなことができるわけではないけど週末は全力で絵を描いていきます。

必死になって頑張ります。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。