So-net無料ブログ作成

2017-08-24 [イラスト]

今更私が何を言ったところで変わるものでもないし、人は変えるのでなく自らが変わらなければ結局のところ良くも悪くもならないことだから愚痴見対なことになってしまいますが、少し書きたいと思います。

というのもこれだけ国の危機的な状況が続き、いつ壊れてもおかしくない状況で全くその危機感を共有せずアホみたいな子供じみた価値観で自分の考えに間違いはないと思考停止して空気だけ他人からちやほやされたいだけ、自分が楽したいだけ将来のことなど知ったこともなし、過去の人のことなども尚更で自分さえよければそれでいい、そういった価値観で行動し思考しふるまい生きるいい年した大人ばかりでもう本当に絶望しております。

特に政治家がそうで政治家は本来であれば自分が報われるわけでもなし、ましてや自分の成果は他人のおかげ責任は自分にありと最も難しく高貴な職業でだから他人から尊ばれるというものなのに今のクソみたいな政治家は自分以外何も考えておらず、将来の国のことも真剣に考えずただただ他人から褒められたい、自分の利益をみたしたい、権力欲を満たしたいとおおよそ公という価値観や概念のない人しかおりません。

だからデフレというまさに国の安全にかかわる深刻な事態に対して一向にまともな政策が行われていないのだと思います。

デフレは何も経済だけの問題でなく私たちの安全にもかかわってくるし、格差が広がれば当たり前ですが何かと人間関係もぎくしゃくしそれこそ海外では色々なテロやら暴動が起きているわけで価値観も崩れ働いても報われないであれば人としての在り方生きている意味などにも疑問を持ち色々な考え方がネガティブになってしまいます。

全てがマイナスマイナスに動いてしまいます。

人はビジネスの理論だけでは動きません。

それまで得た経験や受けた感動、生きてきて育まれた価値観で動きます。

食べ物の好みなどがまさにそれで、もしそういった合理的だけで動くのであればひたすら体によくコストパフォーマンスの良いものを毎日変わらず食べればいいわけですがそんな単純に割り切れません。

ビジネス的な合理だけで人は動くわけがないんです。生きているんだから。

にもかかわらず今の政治家はそういった流行っているみたいな空気でビジネスの理論で国の在り方を考えて、デフレなんか知ったこっちゃありません。

政策がまさにそれでいまだにデフレというにも関わずインフレ対策しかせず、デフレだから金を使って回さなければらないのに緊縮、財政健全化、規制緩和で物価を下げ、外人に頼って賃金を下げ、そして働いている人の利益を働きもせず自分の利益だけを考え強奪する株主をどんどん優遇し自分がそのおこぼれを預かろうとするそんなゴミ以下の政治家しかおりません。

国の安全、国としての誇りを大切にするならデフレは放置できません。

ましてやこれだけ近隣で緊迫的な状況であるならばもっと真剣に自分たちの力で対応しなければならないはずなのにいつまでたっても他人だより、他人が助けてくれるなど安易な考えでしか行動しておりません。

安全保障は自らがしなければならない国家の義務みたいなものです。

食料についてもそうでだから農業はビジネスで考えてはいけないと思います。

必ず食料があるなんてそんなわけがありません。

作らなければなくなるし、ましてや輸出だって止まってしまうこともあるわけです。

そうなれば生活自体がままならなくなってしまいます。

そういった危機感を一切持ち合わせておりません。

いつまでたってもビジネスビジネス、他人から褒められたい、自分がちやほやされたいそういった価値観でしか動いていません。

責任は取らず成果をかすめ取る。

そんな子供以下のクソが今の大半の大人です。

そんな大人になりたくないと思っても私も実際はそうなんだと思います。

だから常に戒めてなくてはならないです。

でも最も高貴であるべき人間が最も下劣な価値観で動いているからもうだめなんだろうと考えております。

国の借金とか、その意味を真剣に考えたことのある輩が何人いることか、

借金してでも未来に向けて投資してきたからこそ、そして自らなりたいものがあって目指すべき道があってそれに向かって突き進んできたからこそ発展してきた国があって今があって、

振り返ればすぐそばに成功例もあるのにそのことにちっとも思いが至らない、自分がないから将来のことなど考えらず、目先のことばかり、他人のこと未来の人たちのことそんなこと思うことすらない。

そんな絶望的な状況で頑張りぬくしかないのがいまの現状なんだろうなぁと感じております。

絶望しようがどうしようがときは過ぎますからとにかく頑張ります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。